内村航平と美人奥さんの馴れ初め、母親の教育方法が凄まじい!

内村航平と美人奥さんの馴れ初め、母親の教育方法が凄まじい!

日本を代表する体操選手で、絶対王者である内村航平選手は、現在結婚してお子さんがいらっしゃいます。

奥さんとの馴れ初めは、内村選手の母親である内村周子さんはどのような教育をしていたのでしょうか。

1.奥さんと内村航平選手は同じ大学の体操部

お2人の馴れ初めですが、内村航平選手は、日本体育大学に通っており、毎日厳しいトレーニングを重ねていました。

内村選手と奥さんは同じ日本体育大学の体操部で、厳しいトレーニングを重ねてきたようです。

2つの歳の差があったにもかかわらず、同じ選手の立場から悩みを共有したり、共に支えあった末に、見事ゴールインして今では子育てにも奮闘しています。

2.とにかく褒める教育方法

内村航平選手の母親である内村周子さんは、オリンピックの際にも誰よりも応援していることで大きな話題となりました。

そんな絶対王者の内村選手を育てた母親、周子さんは、どのような教育をしていたかというと、とにかく褒める教育方法を取り入れていたようです。

褒めることで伸ばしていくことを大切にしながら、内村選手ができるようになったこと一つ一つをきちんと褒めていたそうです。

人は褒められると嬉しくなります。

実際に体操教室でも、教えている子供たちに対してテンションMAXの状態で褒めています。

もっと褒められたいといった意欲が体操頑張ろうとする向上心につながるのです。

3.1歳から6歳までに吸収させる

1歳から6歳までの子供は、まるで水を吸うスポンジのような状態です。

吸収力の良い子供の頃に、様々な経験をさせてあげたり、しっかりと指導をしてあげることによって、大人になってからも役に立つような力を身に付けさせることができます。

まだ小さいのにこんなこともできるの?などと、指導をしながら褒めてあげることで、小さい子供たちは何でも積極的にやろうと行動します。

何でもできるからこそ、しっかりと教えてあげることで、体操の技術であったり、努力し続けることの大切さを身につけさせることができます。

4.絵本瞬間記憶法

内村周子さん独自の教育方法で、絵本瞬間記憶法という物を取り入れているそうです。

絵本瞬間記憶法は、一瞬だけ絵本のページを見せて、どんな内容が書かれていたかを子供たちに話してもらうそうです。

瞬間的に絵本の内容を記憶させることは、右脳の発達を促すことにつながるそうです。

他ではなかなか見ないような教育方法であり、オリンピック選手を育てた母親ならではの教育指導であることがわかります。

今ではこの教育方法が注目され、幼稚園などでも取り入れている場所があるそうです。

5.子育てにおいて後回しはしない

内村航平選手の母、周子さんは子育てをしているときに子供の事は後回しにする事は無いようです。

母親は自分が今忙しいとつい、ちょっと待っててと言ってしまいがちですが、子育てをしている時はどんなに自分が忙しくても、子供を優先させていたそうです。

子供の一瞬、親の一瞬では違います。

子供が母親を求めているときに、何もしてあげなかったり、待たせてしまった場合、その間子供はやる気を失せてしまったり、期限を損ねてしまいます。

そういったことがないようにするために、常に子供を1番に優先させることで、子供のやる気があるうちに様々なことをさせます。

このような経験をすることが大切です。

体操オリンピック選手である内村航平選手が、絶対王者になるまで、母親である周子さんが行なってきた教育方法や奥さんのサポートがあってこそであることがわかりました。

奥さんと結婚されてからも、内村選手は家族のために、ますます体操選手として輝きを増していくことでしょう。

内村航平と美人奥さんの馴れ初め、母親の教育方法が凄まじい!に関連する芸能ギャップ記事