満島ひかりの父親はハーフで本人はクォーター。泥酔事件で逮捕されて教師を辞めてしまった過去も

満島ひかりの父親はハーフで本人はクォーター。泥酔事件で逮捕されて教師を辞めてしまった過去も

女優として映画やドラマで活躍する満島ひかり。

特徴的な顔立ちをしている彼女とその父親との関係はどうなのでしょうか。
過去のエピソードなどを探ってみました。

辛い時に支えてくれた満島ひかりの父親

満島ひかりの父親はハーフなので、
彼女はクォーターということになります。

そんな彼女の父親は中学校の体育教師をしていました。

父親は絵に書いた様な体育教師で顧問をしていたバスケットボール部を全国優勝に導いたこともあるほど
指導者としての実力も兼ね備えていた教師だったのです。

そんな父親だったこともあり彼女は厳しく育てられたました。

しかし厳しく育てられながらも彼女には夢があったのです
それは地元沖縄出身の安室奈実恵に憧れていて歌手になりたいと夢をもっていました。

そしてその夢は叶い、ダンスユニットとしてデビューし、一時は曲もヒットしました。

しかし、その人気も長続きせず低迷した状態が続いたのです。
そんな娘を応援し支えていたのが父親でした。

またいつも娘を励まし夢を叶えることを願っていたのも父親でした。

泥酔し逮捕されてしまった父親

満島ひかりが低迷していた時、彼女がこのまま芸能活動をしていいのか暗中模索し実家に暗雲が立ち込めていました。
実家の家計が相当苦しかったそうで、税金を滞納し、家が沖縄市に差し押さえられてしまったのです。

それから父親の人生の歯車が狂い始めました。

家が差し押さえられた矢先、父親は飲酒運転をして追突事故を起こし逮捕されたのです。
父親は泡盛を8杯も飲んで運転していてかなりの泥酔状態だったそうです。

教師だった父親は教え子に示しがつかないからと学校を辞めざるを得えませんでした。
その結果、家計がさらに苦しくなり家を手放すことになりました。

しかし、そんな父親と逆行するように満島ひかりは女優として道が開き始めてきました。
彼女は自分が苦しんでいたとき支えてくれた父親を救うことが出来ず相当悩んだそうです。

小さい頃から自分の夢を支えてくれた父のことは大好きで尊敬していると言っています。
そして、彼女は自分が活躍することが父親を助けることになると思い、それから女優として頑張り続けたのです。
その結果、彼女は一女優として成功し、今後の活躍が見逃せない女優となりました。
今、父親は娘の活躍を心から喜んでいることでしょう。

満島ひかりの父親はハーフで本人はクォーター。泥酔事件で逮捕されて教師を辞めてしまった過去もに関連する芸能ギャップ記事