橋本環奈の母親は娘の活躍を心配しつつも見守るお母さん

橋本環奈の母親は娘の活躍を心配しつつも見守るお母さん

橋本環奈はその容姿から“天使すぎる”とネット上を騒然とさせ、現在人気急上昇中の福岡のアイドルです。
Rev. from DVLというアイドルグループに所属しながら
いまや全国区の人気を誇っています。

そんな彼女を育てた両親はどんな方なのでしょうか。

順日本人の母親と芸能人入りを目指していた橋本環奈

橋本環奈はその顔立ちからハーフなのではないかという噂があります。
しかし、母親が断言してこう言っています。
「娘がハーフである情報が流れたのは、見た目がハーフっぽいからではないでしょうか。娘は純日本人です」

母親が言っているのだから間違いはないのではないでしょうか。
そんな娘が芸能活動を始めたのは小学生3年生の時です。

橋本環奈本人から言い出したそうです。
母親はそんな娘の意思を尊重し、オーディションに一緒に出かけていったそうです。

普通、娘が可愛いと親の方からオーディションを受けさせるのですが、橋本環奈の母親は違ったようで
本人から申し出たということです。

心配をしつつも応援する橋本環奈の母

その後芸能活動を続けていくことで橋本環奈は学業が疎かになってきました。
その時所属プロダクションのマネージャーに勉強を教えてもらったところ、それまでよりいい点数を取れたそうです。

それを知った母親は「仕事に連れて行って下さい」と事務所に言うなど
仕事ぶりや勉強の進捗度を気にしていたようです。
娘を心配している親心が表われているのではないでしょうか。

そんな橋本環奈もはじめは、そんなに自分が有名になっていると分かりませんでした。
ある日、東京のイベントに参加するために母親と一緒に行った時母親から大変なことになっていると聞かされたました。

しかし本人には全く自覚がなく、母親は話を盛ってるなと思ったくらいだったようです。
実際は母親の言うとおりになっていてお母さんは嘘をついていなかったと思ったようです。

そんな親子のやりとりを聞くと、当初は娘から芸能活動をしたいと言い出したものですが
今は娘のことを一生懸命応援している姿が目に浮かびます。

母親からの知り合いからも連絡が来て母親はとても喜んでいるようです。
娘の人気が上がっていくことをとても嬉しく思っていることが分かります。

そんな橋本環奈の母親はこれからも娘の傍に寄り添い、
娘の一番の応援者として見守っていくことでしょう。

橋本環奈の母親は娘の活躍を心配しつつも見守るお母さんに関連する芸能ギャップ記事