生野陽子の父親は公務員。母親が大好きな人気女子アナの素顔

生野陽子の父親は公務員。母親が大好きな人気女子アナの素顔

アナウンサーとして人気を博しショーパンの相性で愛される彼女。
そんな誰からも愛される彼女は一体どんな家庭でそだったのでしょうか。

公務員として働いていた生野陽子の父親

彼女の父親は公務員をしていていました。
噂ではテレビ西日本の常務だという噂もありますがそれは違うようです。

ただ引越しを多くしているため公務員でも転勤を要する仕事をしていたことは事実です。
そんな父親の仕事の関係で引越しが多く、幼稚園から数えると12回も転校を経験しています。

生野陽子はそんな子供時代を「すごく人見知り」だったと言っています。
そして転校する度に「どう話しかけるか悩んだ」と語っています。

しかし、アナウンサーという仕事は、多くの人に初対面で対応しなければいけない仕事です。
彼女は今の仕事について「昔の経験が生きていると思う」と言っています。

子供時代に色んな所に移り住んだ時の苦労が彼女の大きな原動力になっているようです。
今、彼女がアナウンサーとして成功している背景には父親の仕事による転勤が影響しているのです。

生野陽子が大好きな母親

生野陽子は母親のことが大好きなようで母の日には必ずプレゼントするそうです。
彼女の口からはよく「お母さん」という言葉が出てきます。

ある母の日に、福岡にはまだない和菓子屋の和菓子を贈ったそうです。
ただ彼女らしいのは、母の日に合わせて贈ることがないようです。

「母の日の前日に注文したので、届くのは明後日ぐらいだと思います」とテレビで公言するあたりはちょっとぬけたところがあるようです。
母親に穏やかに育てられたことが分かります。

また彼女はこう言っています。
「母の日だけでなく、普段からコミュニケーションをとるのが大切かもしれません」と。

彼女が母親と普段からコミュニケーションをとっているからこそいえる言葉なのですね。
彼女のあのほんわかした笑顔からは母親の優しい表情がうかがいしれます。

また母親との関係によってつくられたあの雰囲気はその場を和ませてくれます。
それは周囲の人を幸せな笑顔へと変えてくれます。

また彼女はいろいろとたたかれることがあるようです。
しかし、父親の転勤で色んな人と出会うことによって培われた対応力でそれを乗り越えていくことでしょう。

生野陽子の父親は公務員。母親が大好きな人気女子アナの素顔に関連する芸能ギャップ記事