内田有紀は複雑な家庭で育ち、女優を目指して家を飛び出していた

内田有紀は複雑な家庭で育ち、女優を目指して家を飛び出していた

時をかける少女など有名なドラマや映画で主演を務める内田有紀。
そんな彼女はどのようにして育っていったのでしょうか。

複雑な環境で育った内田有紀

内田有紀の家庭環境はかなり複雑です。
彼女は裕福な家庭に生まれたのですが、
幼少期から思春期にいたるまで家族関係は上手くいっていなかったようです。

というのも彼女は小さい頃から両親の喧嘩を見ながら育ちました。
両親の喧嘩が彼女に向けられることもあり、かなり苦しんだようです。

その両親は彼女が小学生2年生の時、離婚しました。
そして親権をめぐる争いがあった関係で母親に引き取られたり、父親に引き取られたりしました。

父親が再婚して、父親の再婚相手と一緒に暮らしたそうですが次第に自分の居場所がなくなっていきました。
また母親の元で一緒に生活したもののその母親にも彼氏が出来、母親の元からも出て行かざるを得なかったのです。
そして最終的には祖父母に引き取られました。

このように彼女は両親の身勝手な生活に振り回されていることが分かります。

家を飛び出し芸能界入り

こうした複雑な環境で育った内田有紀は決意をしました。

それは彼女は高校入学と同時に家を出てアルバイトやモデル業をしながら一人暮らしをすることでした。

それからの彼女は自立することを目標に置いて、そのために芸能活動を始めたのです。
時には生活費を稼げず、路上生活も経験したようです。

このように内田有紀は少女時代、かなり苦労していることが分かります。
彼女は人格を形成する上で大事な幼少期を複雑な家庭環境で育ちました。

この経験が後の彼女を形成したと言っても過言ではありません。
だからこそ、両親のようにはなりたくないと思っていたのです。
しかし一度結婚したものの結局は離婚してしまいました。

実際、両親が離婚している人の離婚率は、離婚していない両親に育てられた場合よりも高いと言われています。
彼女の記憶の中に両親のことがあったに違いありません。

しかし、彼女の場合は不遇な少女期をばねにして生きているように見えます。
それは彼女が演じる役にどことなく芯の強さを感じられる人間が多いことで分かります。
内田有紀は今後も両親の離婚、恵まれない少女時代を糧にして女優人生を送っていくことでしょう。

内田有紀は複雑な家庭で育ち、女優を目指して家を飛び出していたに関連する芸能ギャップ記事